給料ファクタリングに変わる注目の新現金化サービス「リプレイスファクター」って何?

今話題の給料ファクタリングをご存じでしょうか?給料債権を手軽に現金化が可能なので、いざという時に頼りになるサービスですが、最近その違法性が問題になっているのです。

この記事では、多くの人が気になっている給料ファクタリングは違法なのか?他に安心して利用できるサービスはないのか?などをまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

給料ファクタリングサービスとは

まず、給料ファクタリング サービスについて説明させていただきます。

給料ファクタリングサービスは「給料債権の買い取り」してもらい給料を短期間で現金化できるサービスです。

多くの業者がありますが、申込日に現金化が可能な業者も多く、給料日前にお金に困った時に助けられますね。

給料ファクタリングの流れ

給料ファクタリングを行う時の具体的な流れを紹介しましょう。

例)手取り給料が20万円・手数料が10%の場合

①給料ファクタリングの申し込み

②簡易審査後に手数料を差し引かれた20万円-(20万円×10%)=18万円が振り込まれる

③支払い契約日までに20万円を返済する

とてもシンプルで簡単な流れになっています。

土日営業・即日対応の業者が多く、借入データが残らない・金融ブラックでも審査が通るという点など、利用のしやすさが大きな特徴と言えますね。

給料ファクタリングの違法性

その使いやすさから利用者・取扱業者も増えていた給料ファクタリングですが、以前は企業向けのファクタリングと同様に債権を売却する「売買契約」であると言われ、貸金業登録を行っていない業者も数多く存在しておりました。 それについては長い期間金融庁でもグレーゾーンとして黙認されていた部分でもあるようです。 しかし、金融庁では令和2年3月に「給料ファクタリングで回収業務を委託した場合はヤミ金融の可能性がある」という見解を示し、給料ファクタリングを行うには貸金業登録を必要とすることを検討すると発表しました。 今までグレーであったものが、これから厳しく取り締められていく可能性が高いですね。

給料ファクタリングの問題点

給料ファクタリングは現段階で極めて黒に近い違法性があるとお分かりになったかと思いますが、その問題はどのようなことなのでしょうか?いくつか紹介させていただきます。

違法業者が多い

貸金業登録をしていないような悪質な業者が横行しているという問題も多く、業者選びに失敗すると自分の信用を落としてしまう結果になりかねません。返済が滞ると、強引な取り立てや会社への連絡などを行う業者もおり、業者選びが非常に難しいと言えるでしょう。

労働基準法違反

そもそも労働基準法では「給与の原則直接支払い」が定められていますので、雇用契約時に給与債権の譲渡を禁止する会社もあるようです。その場合雇用契約違反をしてしまうことになりますので、事実が表に出てしまった時に信用問題だけでなく会社との契約違反を責められる場合もあるでしょう。

違法にならないファクタリングサービス!経費精算ファクタリング!

給料ファクタリングの違法性と、利用の危険性を説明させていただきましたが、それでも急ぎで取り急ぎ現金の必要性に迫られる状況は誰にでもあることです。

そんな時、安心して利用できる経費精算ファクタリングについて紹介しましょう。

経費精算ファクタリングとは

会社に勤めていれば交通費や接待費を立て替えることは多くの人が経験していますよね?すぐに会社が立て替え費用を精算してくれれば良いのですが、会社によっては精算に何週間も時間を取られる場合があります。

業務内容によっては経費が毎月何十万円も掛かることもあり、個人で背負うには負担が重すぎる場合もあるでしょう。

経費精算ファクタリングは、そのような経費を債権として買い取り現金化できるサービスです。

ここだけの話!
経費精算ファクタリング「リプレイスファクター」の申込みには「現金化を希望する経費の領収書または経費精算書」が必要とされていますが・・・
「領収書または経費精算書」がなくてもなんとかなります。「領収書または経費精算書」を証明する必要はありません。適当に、「携帯代50,000円」として、申込みすれば、現金調達可能です。

経費精算ファクタリングは違法ではないのか

本来ファクタリングという取引自体は違法ではありません。厚生労働省や中小企業庁もファクタリングの利用を推進しており、資金調達方法として認められている方法です。

債権の売買取引は自由なので、例えば10万円の債権を1万円で売ったとしても法律上の問題ではないのです。

さらに融資取引とは違うため金融ブラックの方でも利用ができ、借入記録も残りません。

リプレイスファクターの特徴

経費精算ファクタリングは違法でないとお伝えしましたが、その中でもリプレイスファクターは特に使いやすいサービスを提供していると言えます。 その特徴をお伝えしましょう!

土日祝日も
夜20時迄営業

平日時間を設けるのが難しいという方にも安心の営業体制が整っており、お休みの日にも利用ができます。利用者の使いやすさをよく考えられていると言えますね。

業界最安水準の
利用手数料

リプレイスファクターの利用手数料は20%〜。利用者の状況や金額によって多少の変更がありますが、この手数料は業界最安水準と言われています。やはり利用手数料が手頃であるのは魅力的です。

金融ブラックでもOK!

ファクタリングは融資ではありませんので、金融ブラックや借入総量規制のある方でも問題なくサービスの利用が可能です。

誰にも
知られない

リプレイスファクターでは申し込み時に2者間契約をオンラインで締結しているので、会社はもちろん家族に書類や通知が届くことはありません。多くの人はファクタリングサービスの利用を知られたくないと考えているので、とても安心のサービスであると感じられますね。

審査書類が早く集められる

2者間契約を行っているリプレイスファクターでは勤務先への在籍確認もなく、審査書類も自宅ですぐに手に入るものばかりです。
必要な審査書類は…

  • 顔写真付きの身分証明書
    (運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • 健康保険証
  • 身分証明書を顔の近くに持って撮影した自身の写真
  • 直近2ヶ月分の給与明細
  • 直近2ヶ月の給与振込が確認できる銀行口座の出入金履歴
  • 現金化希望の経費の領収書
    または経費精算書

最短15分で
入金

オンラインで申し込みを行い、スピード審査が完了すれば最短15分で申し込み時に指定した口座に手数料を差し引かれた金額が振り込まれます。このスピード感は他社にはなかなか真似できない部分でしょう。時間に余裕のない時でも利用しやすいですね。

給与ファクタイングに変わる新現金化サービス「リプレイスファクター」は安心して利用できる!

給料ファクタリングサービスの利用をお勧めできない理由と違法性や問題点、そして新しいファクタリングサービスであるリプレイスファクターの特徴を紹介させていただきました。

経費採算ファクタリングは安心できる会社を利用することが最重要事項です。取り返しのつかないことにならないように業者選びには注意しなくてはいけません。

リプレイスファクターであればプライバシーポリシーや反社会的勢力に関する基本指針もしっかりと公式サイトで提示しておりますので、安心して利用ができると言えますね!